「認知科学」プロジェクション科学特集

2019/4/17

日本認知科学会の学術誌「認知科学」にヒューマンイノベーションコースの鈴木宏昭教授が提唱する「プロジェクション科学」の特集が掲載されました。認知科学のこれからが見えてくる興味深い特集です。ぜひお読みください。

「認知科学」誌のサイトはこちら


修了生の横山草介さんの著書が出版されました

2019/4/17

博士後期課程に在籍し(指導教員:高木光太郎教授)、2016年3月に博士(学術)の学位を取得された横山草介さん(現、東京都市大学准教授)の著書「ブルーナーの方法」(溪水社)が出版されました。博士論文をベースにした著作です。J. Brunerの理論やナラティブの概念に関心をお持ちの方はぜひお読みください。

出版社のサイトはこちら


修了生の安斎聡子さんが准教授として青学に着任しました!

2019/4/17

ヒューマンイノベーションコースを修了後、博士後期課程に進学し(指導教員:高木光太郎教授)、2018年3月に博士(学術)の学位を取得した安斎聡子さんが、相模原キャンパスに新たに開設されたコミュニティ人間科学部に准教授として着任しました。ヒューマンイノベーションコース担当教員が博士後期課程で指導を担当した博士学位取得者としては、横山草介さん(現、東京都市大学准教授)に続く2人目の大学教員の誕生です。

安斎さんも横山さんと同様に、社会人からの転身です。新学部では「コミュニティ文化継承論」「コミュニティ文化資源概論」などの授業を担当されるとのことです。これからのご活躍を期待しています。

コミュニティ人間科学部の教員紹介はこちらをご覧ください。


博士後期課程在学生3名の論文が学術誌に掲載されました!

2019/4/17

高木光太郎教授の研究室に所属する博士後期課程の院生が執筆した論文3編が日本質的心理学会の学術誌「質的心理学研究」第18号に掲載されました!論文の著者・タイトルは次の通りです。

  • 小林惠子 後ろ向きの越境と境界の変容に関する研究─危機に直面した企業組織でのフィールドワークから見えてきたもの
  • 最上雄太・阿部廣二 再帰的リーダーシップ試論―正統的周辺参加論による関係的アプローチの課題克服可能性とその意義
  • 小泉千尋 サイエンスカフェにおける話題提供者のフレームシフト
各論文の要約は日本質的心理学会のサイトでお読みいただけます。
各論文の第一著者はみな社会人大学院生です(最上論文の第二著者の阿部さんはヒューマンイノベーションコースの修了生で現在は早稲田大学大学院所属)。社会人として忙しく活動をしつつ、研究者としても学会誌レベルの成果を出しているのは素晴らしいことだと思います。

博士前期課程論文中間報告会

2019/4/17

4月6日に新M2の論文中間報告会が開催されました。

この報告会はM1の1年間での研究の進捗を報告し、修士論文、特定課題研究論文の完成に向けたプランや課題を示すことが目的ですが、4月に入学した新M1にも博士前期課程での研究のイメージを持ってもらうため、毎年4月初旬の土曜日に開催しています。

今回は4名が修士論文に向けた研究の進捗を報告したのに加え、都合で3月の博士後期課程中間報告会で研究報告ができなかった博士後期課程の院生1名の研究報告がありました。報告のタイトルは以下のとおりです(カッコ内は指導教員)。

<博士前期課程>

  • ブログを介した凝集性の事例研究(高木光太郎教授)
  • 教師ストラテジーとしてのパラ言語情報に関する研究(苅宿俊文教授)
  • ITプロジェクトにおける問題対応の交渉場面で発揮される認知メカニズムの研究(鈴木宏昭教授)
  • リフレクションにおいて多重化する自己の語りの生成(高木光太郎教授)
<博士後期課程>
  • ダイアロジカルな関係の構築を通したリーダーシップ発生過程の質的検討〜正統的周辺参加論とBakthinのダイアローグ論を視座として
ヒューマンイノベーションコースでは、この後、7月末にM1によるポスター発表形式のテーマ報告会、10月にM2の論文中間報告会が開催されます。今年度の修士論文、特定課題研究論文の提出締切は1月24日です。また3月には博士後期課程の論文中間報告会が開催されます。

2019年度がスタートしました!

2019/4/17
2019年度、ヒューマンイノベーションコースでは4名の新M1を迎えることができました。また博士後期課程にも高木光太郎教授の研究室に2名の新D1が加わりました。みなさまご入学おめでとうございます!
写真は入学式のあとに行われた社会情報学コースと合同の新入生歓迎パーティの様子です。
宮川研究科長の挨拶

宮川研究科長の挨拶

乾杯は香川准教授

乾杯は香川准教授

新入生の自己紹介

新入生の自己紹介


2018年度学位授与式が行われました

2019/4/3

3月25日に2018年度学位授与式が行われました。

青山学院講堂で行われた大学院の学位授与式では社会情報学研究科の総代としてヒューマンイノベーションコースの古屋由美さん(指導教員:高木光太郎教授)が三木学長より学位記を受け取りました。社会情報学研究科のその他の修了生は式典修了後、別室で宮川研究科長から学位記を受け取りました。皆様、学位取得おめでとうございます!