博士前期課程論文中間報告会が開催されました

2018/4/7

ヒューマンイノベーションコースのM2の院生が修士論文・特定課題研究の研究計画について報告する「論文中間報告会」が4月7日(土)に開催されました。

今回は3名の院生が研究報告を行いました。報告者とタイトルは以下のとおりです。

古屋由美(高木研究室)

  • 言語聴覚療法における「患者の発話を待つ行為」の相互行為研究
青山 永(鈴木研究室)
  • 企業における経営理念・ビジョンの浸透と組織変革の関係性に関する研究
鐘ヶ江 織代(高木研究室)
  • 演劇創作活動における英語学習過程の事例研究〜学習者アイデンティティのズレに着目して〜