教育

認知科学、学習科学,教育工学、心理学の考え方,手法を用いて、認識と学習についての講義や演習を担当しています.ゼミでは、知ること,学ぶことの仕組みに興味を持つ人を歓迎します.
 

  • 学部

    認知科学概論
    :認知科学の基本的な考え方を学び、主に記憶や思考などの高次認知過程についての講義を行う. 全学の学生が履修可能. 

    応用演習1
    :  行動経済学関連の書籍を読み、人間の思考のクセを理解した上で、批判的思考のトレーニングを行う.グループワークが主体となる。  教育学科の学生のみ履修可能.

    応用演習2
    :論文の読み方,まとめ方、レポートの書き方(構想の仕方、執筆の仕方)をグループワークを中心にして学習する.教育学科の学生のみ履修可能.

    インタフェース論
    :言語というメディアの特性、各種のインタフェースの特徴、コミュニケーション的インタフェースについて論じる.全学の学生が履修可能.  

    専門演習
    :いわゆるゼミで、認識,学習、メディアなどについての研究指導を行う.教育学科の学生のみ履修可能.  

    卒業研究
    :その名の通り卒論の指導を行う.専門演習を履修した人が対象となる.  

    教育方法の研究
    :認識(読む,書く,憶える,考える,学ぶ)の仕組み,教育におけるメディアの利用方法、あり方を考える.教職履修者のみ履修可能.  

  • 大学院

    (文学研究科,社会情報学研究科ヒューマンイノベーションコース)

    創発認知特論 (前期),同実践研究(後期)(
    : 認識の生成性、冗長性,開放性についての講義と文献の購読を行う. 

    認知的学習研究
    : 上記科目と異名称同一科目(教育人間科学研究科向け)