自己紹介

所属、連絡先

  • 所属:青山学院大学 教育人間科学部教育学科 教授 博士(教育学)
  • 住所:〒150-8366 渋谷区渋谷4-4-25 青山学院大学 総合研究所ビル705
  • TEL:03(3409)でその後に15×5の積,7の2乗をつなげます。
  • FAX:03(3409)のあとに15と28をつけます(学科共通)
  • E-mail:

所属学会および役員

日本認知科学会(フェロー,常任運営委員)
日本心理学会
人工知能学会
Cognitive Science Society
日本教育工学会
日本教育心理学会

研究テーマ

認知科学、特に高次認知系を専門分野としている。基本的な研究のスタンスは、

  • 創発主義 (emergentism):あらかじめ計画していないことが、その場で生み出されること
  • 構成主義 (constructivism):外から与えられるのではなく,主体が築き上げること
  • 状況への敏感さ (context sensitivity):状況に応じて認知のモードや利用するものを変化させる
  • 相互作用 (interaction, interplay):モノや他者とかかわり合うこと
  • 冗長性、輻輳性 (redundancy):一見余分なことが生み出されていること

である。これらの問題を

  • プロジェクション
  • 洞察問題解決(制約緩和, U-shape)
  • 人間の類推(準抽象化、知識生成)、
  • 類似性判断のプロセス、
  • ヒューマンインタフェース(機械音痴、デザイン)
  • メンタルモデルの構築過程
  • 算数や物理などの学習過程
  • 認知発達(U-shape, 構成主義)
  • 単純なスキルの長期的学習
  • メディアと教育

の分野で研究を行っている。

近年は特に相互作用に関わることに強い興味を感じ,

  • 意識ー無意識:洞察における潜在学習過程、潜在情報のありか、その機能
  • 個体ー環境の相互依存サイクル:技、スキルの獲得,熟達
  • 心ー身体:表象の身体基盤の可能性
  • 表象のプロジェクション(投射):内部に作られた表象はどうやって世界に定位するか

における不思議な相互作用を研究している。