フィギュア・スケート

2006/2/27

スケートの荒川が金メダルを取った。本当にすごいことだ。感動的なシーンだったなぁ、もう何回も見た。いろんな記事とか、テレビでの解説を見ると、本当にすごい選手だということが分かった。


妻がファンなのでテレビなどでやるときはけっこう見ていたのだが、昨年末のオリンピック代表選考を兼ねた日本選手権は代々木の体育館まで見に行った。それで1位は村主、2位は浅田、3位が荒川だった。はっきりいってこのときは、オリンピックに出るのかも知れないけど、無理だろうなぁという感じがしていた。荒川というのは体が大きいので、ゆったりとした優雅な感じの演技がすごいわけなのだが、このときはどうも新採点法で小銭を稼ぐような演技に合わせようとして、全体にメリハリがあまりないものになっていた。

しかしそれから2ヶ月くらいで、曲を変え、構成を変え、しっかり点数も稼ぎながら、ものすごくきれいなパフォーマンスをするようになった。これは本当に驚きだ。天賦の運動能力に加えて、頭の良さ、器用さ、執念、プランニングなど、いろいろなものの組み合わせの結果なのだと思う。こういう人が金メダルなわけですね。おめでとうございます。


戯れ言 ]

コメントをどうぞ