スポーツ報道は冷静にやりましょう

2006/6/25

日本サッカーチームが一次リーグで敗退した。この間までは決勝リーグに行ける可能性が結構あるような書き方をしておいて、負けたとたん、そもそも無理だった、監督の指導がいかん、緊張感、根性がない、個人の能力がそもそも低い、などとを言い始めている。この一貫性のなさはどうにかならないのだろうか。


まあ客観性のある報道をしなければならないという一方、応援もしなければならないのだろうから、事態はそんなに単純ではないのは分かるけど、こういう豹変の仕方は記事の信用性を低下させる。

あと何かというと体の大きさ、強さみたいなところに原因を持ってくるのもいやだなぁ。サッカーはそれほどではないのだが、ラグビー報道になると完全にこれだ。それは分かり切っている話で、そんなことを言っても始まらないだろう(それにしてもラグビージャパンの弱さ、これ何とかならないの)。選手までそんなことを言い続けている。これは単に言い訳の手段として使われているわけで、まずいと思うな。


戯れ言 ]

1件のコメント

  1. アキコ より:

    サポーター含めマスコミのヒステリックには毎度辟易です。
    日本チームが世界に比べてレベルが低いのは分かりきったことなのに、妙に日本チームをよいしょするのも嫌気がさします。
    世界ではあれだけうまい選手がしのぎを削って試合に出ているのに、サッカーの歴史も浅くまだまだ弱小チームの日本が何故対等に戦えるというのでしょうか?
    単純に下手だと思います。
    体格の問題。これも言い訳だと思います。ならばメキシコや南米の選手のアタリの強さや技術の高さはどう説明するのでしょう?
    かと思えば、日本チームが負けた途端に手のひら返しでジーコ批判。
    個人的には、監督経験は浅いとはいえ、世界のトップレベルで戦った経験のあるジーコにしてみれば、下手な日本選手を23人選ぶだけで大変だと思います。サッカー解説者は「ジーコはワールドカップをなめている」とまで発言していました。勝手な言い分に頭がきます。
    あるテレビ局の朝の番組では、大事なニュースはどっちらけでずっとサッカーの話題ばかりを取り上げていました。
    あれだけ村上氏や福井総裁、鈴香容疑者で騒ぎ立ててたくせに!と腹が立ちます。
    いつも思うのですが、日本のお祭り騒ぎと商業主義。なんとかしてもらいたいです。

コメントをどうぞ