ウィルスチェック

2006/8/27

必要に駆られてMac PowerBookでNorton Antivirusというのを実施した。長いこと長いこと、午後2時半にはじめて日付が変わる直前に終わった。75万個のファイル(なんでそんなにあるんだ?)で、約50GB程度。こんなにかかるものなんですか?

寝ている間にしかできないな。しかし、例のバッテリーの異常加熱があるから、寝ているわけにも行かない。ということで、バッテリーのリコール情報を探した。そうしたら、

Read the rest of this entry »


戯れ言 ]

伝統と創造の会

2006/8/26

今朝新聞を読んでいたら、自民党の1年生議員(小泉チルドレンと呼ばれる)80名の半数近くが、表題の会に参加しているという。で、この会は自民党で伝統とか言うわけだから、まあ想像できるけど、非常に一面的な見方と、卑怯なフレーミングで、とんでもない思想を広めようとしている。

この会の会長の稲田という議員は、首相の靖国神社参拝を批判する勢力に対して、「忘恩の徒」というレッテルを貼り、道徳、教育を語る資格なしと断罪する。あきれ果てる。

Read the rest of this entry »


その他 ]

動物たちと一緒にいる

2006/8/22

わけあって、下の画像で有名な動物園、旭山動物園にきている。動物園というのは、10年くらい前に一度行って、その前は20年くらい一度も行っていないので、この動物園がすごいと言われてもどこがすごいのかはよくわからない。ただ、いろいろとおもしろい。20分くらいじっと見ていたりする。実際には、旭川はうんと暑くて、東京並みであり、動物たちの多くはグダァァとしていて、すごいことをやってくれるわけではないのだが飽きない。

060821_1608~02.JPG

Read the rest of this entry »


戯れ言 ]

もうだいぶたってしまったけど一応認知科学会06

2006/8/20

いまさら書いてもとも思うけど、中京大学で行われた認知科学会について一応自分のためのメモを残しておく。

最初に書いておくべきことは、Macのノートを持って行ったのに、外部モニターへの接続アダプタを忘れて真っ青になったことだ。前日入りしていたので、急遽宅急便で家からアダプタを送ってもらって、大会初日に到着。一安心と思って、初日夜に発表練習などをしていると、バッテリーがなくなってきて、おっと充電と思ったら、電源アダプタも忘れてきたことに気づく・・・・。結局Apple Store名古屋に行って、電源アダプタを買う。約1万円。これで3つめだ・・・。

1。発表関連
・前日:今回の発表の共同研究者である、卒業生の竹葉さんが名古屋に勤めているので、前日入りして、発表の内容を二人で検討した。

・初日、シンポジウムを聞いた。茂木さん、三輪さん、戸田山さんがスピーカ。モデルの持つ意味、モデルの役割、モデルのあり方について、三輪さんと戸田山さんがお話しした。正直言って、モデルというものの価値がわからなくなった。細かいことはおいておくと、モデルの前に理論があるんじゃないのという思いを抱いた。茂木さんの話は、よくわかる。まあ生成が大事、バックグラウンドが大事という話ですのでね。それから確率批判を行っていた。これは結構反発する人も多かったようだが、茂木さんの言いたいことはよくわかる。つまり結果としてaggregateレベルで行動を確率で表現できると言うことと、認知のメカニズムの中に確率的だという前提を入れることは別の話と言うことだ。たぶんそういうことだと思う。だとすれば、ここに書いたことと同じだ。よくわかる。この本の2章にも書いた(買ってね)。あと、パワポを使わないということで、マイクだけで話していた。

Vosniadouの講演は、まあ特にというか、基本は10数年前の話。ただ、その後いろいろな文化圏で実験を繰り返し、syncreticモデルの多様性が見えてきたとのこと。でも基本は同じという話なのではないかな。

Read the rest of this entry »


逃避は直らない

2006/8/17

あまり気の進まない原稿を書いている。気が進まないというか、苦手というのかな。あまり詳しく書くとどの原稿かわかってしまうかもしれないので、これ以上は書かない。それにしても、こういう仕事をすると

Read the rest of this entry »


戯れ言 ]

原稿書いているとやっぱり・・・

2006/8/13

比較的長い原稿を書かねばならない状態になっている。最近は大学も家もMacおよびそのノート(Powerbook)を使っていて、ある程度まで満足していた。原稿を書くときに、特に気に入っているのはフォントだ。なんとも好きな感じのフォント(ヒラギノ)で、原稿を書く意欲が湧いてくる。また普段はテキストエディットというOS付属のエディタで書いているのだが、Macの純正アプリケーションであるため、キーバインドが基本的にemacs風になっている。これもけっこううれしい。

しかし、画像を取り込んで、結構な量の文献を入れてということになってくるとやはりつらいことが分かってきた。その理由は自分がMacをほとんど知らないということに起因する。

Read the rest of this entry »


戯れ言 ]

帰納推論と因果推論

2006/8/12

今日(8月11日)、研究室で仕事をしていると、岩男君が突然やってきた。ひどくびっくりしたが、青学でやっている非常勤の科目の試験答案をわざわざ受け取りに来たとのこと(なんで郵送しないのだろうか)。

私は昔から認知科学の三大恥辱(大事なのに研究が進んでいない、あるいはやられたのにさっぱり分かった気にならない)は、

Read the rest of this entry »


オトナサイズ展および今日の不運

2006/8/10

オトナサイズ2006という催し物が西武デパートでやっているので見に行った。企画は子どもの視点でオトナの世界を見るというものだ。幼稚園児の身長の100cm、オトナの女性は160cmということで、子どもの見る世界はオトナの見る世界の1.6倍大きくなる。ということで普通の家具を1.6倍のものにしてみようということらしい。

Read the rest of this entry »


その他 ]

小学校学級崩壊

2006/8/9

7月30日深夜のNNNのドキュメンタリーで千葉の小学校での学級崩壊が取り上げられていた。これはひどい。40代の中堅で、教務主任もやっている、力のあると見なされている男性教諭が、教室のコントロールをどんどん失い、侮辱され、ぼろぼろになっていくというすさまじい話だ。最後は何となく光があるみたいな終わり方をしていたけど、なんとも・・・・

Read the rest of this entry »


教育 ]

プラネットアースの奇妙な生き物

2006/8/9

プラネットアースという番組を見ている。画像がとにかくすごい、大自然系、動物系の番組は好きなのでよく見るが、これはとにかくスケールが全然違う。また特殊なカメラにより、画像がきわめてなめらかで、はじめ見たときに何か変な気がするくらいだ。

Read the rest of this entry »


戯れ言 ]