simple mindじゃだめなんだよ

2006/9/20

今日の朝日の夕刊(9月20日東京版)を読んでいたら、我が意を得たりという記事に出会った。それは、エセ科学に人はなぜはまるかという話だった。菊池誠さんという阪大の物理の先生が書いていた。

科学は割り切れるというイメージがはびこっていると菊池さんは語っている。普通の人は、科学に対してずばっと白か黒かを決着つけるというイメージを持っているという。科学はけりをつけてくれるというイメージだ。確かに多くの人が持っていると思う。しかしこういう割り切れた言い方をするものはすべてニセ科学だと菊池さんは言う。


科学というのは決着をつけてくれるものとして一般人に信頼されている。しかし本当に尊重されねばならないのは、科学の結果ではなく、科学的思考のプロセス、あるいは方法論の方だと菊池さんは主張する。

科学者の出前授業とか、一般人向けのデモのあり方だ。すごい現象を身近な道具を使って、小学生にも再現できるような、とても工夫された出前授業がいろいろなところで行われている。こういうことを行っている人には敬意を払う。

しかしポイントは、「すごいねぇ」という部分ではないはずだ。すごいことを考えつくに至ったその思考の方法、実験の方法の方に価値があるはずだ。どうしてそうなるのか、どうしてそうならねばならないのか、そういうことを切り離して、曲芸、マジックのようなものとして科学を伝えるのはとても危険ではないか。菊池さんはこれを「不思議さだけを語る安易さ」として批判する。科学の成果だけが「不思議」、「すごい」という形で伝わって、それを支えた思考はまあ「常人ではわからない」くらいの一言ですまされてしまっている。

そうではないわけで、仮説の建て方、検証の仕方、反論の仕方、反論への対処の仕方、などいろいろと大事な話はあるわけだ。こういうのをきちんと伝えていかないと、科学離れが生じるだけでなく、民主主義というもの自体を維持できなくなってしまうように思う。
こうした菊池さんの考え方は、オレが昔に科学に書いた記事とか、卒論生と一緒に考えた話と同じ軸にある。

脱線するけど、マスコミというのはいったいどうなっているのだろうか。血液型、星座、などの占いを垂れ流し、悪く言えば詐欺師、普通に言ってもほら吹きみたいな、細木とか、江原とかを公共の電波を使って垂れ流す。あんまりああいうのは見ないので、もしかしたら番組を間違えているかも知れないが、テレビの力とか言うのでは、霊媒師なんかが出てくるよね。こういうのを放送していいんだろうか。

この記事の中で紹介されていたことに、まことに驚くべきことだが、小学校の道徳の教科書の言葉の大切さを伝えるという教材に、水に「ありがとう」というときれいな結晶が出来る(冷却したとき)が、「ばかやろう」と伝えるときれいな結晶は出来ないというものが載っているらしい。もうこれは言いようがない。と言ってはだめなわけだね、きちんと反論しなければならない。


1件のコメント

  1. Kai より:

    あの記事、僕も我が意を得たりと思いました。講義では学生の関心(歓心)を引くために分かりやすく面白い話をせざるを得ない面があり、常にその後で「世の中、そんな単純なものじゃない」と言っているのですが、果たして何人が理解しているか…。しかしたゆまず努力せねばなりませんね。

    科学離れが、単に理系の人材不足の問題ではなく、民主主義の問題にもつながるというご意見にも全く賛成です。

    そうこう言ってるうちに、わけの分からん教育改革を唱える総理大臣が出現しそうですが。

コメントをどうぞ