ラグビーの新しい風

2006/11/25

昔自分もやっていたということもあり,ラグビーは毎シーズン楽しみにしている.社会人のすごさもいいのだが,大学ラグビーは独特の盛り上がり方をするので,やはり好きだ.大学の試合の楽しさは,この中で一体誰が全日本に行くのだろうかという,そういう将来の期待を込めた見方ができるところだ.ということで,昨日,早稲田ー慶応の試合をテレビで見た.確かに最終的には早稲田の勝利となったが,途中の展開などはかなり楽しめた.

Read the rest of this entry »


戯れ言 ]

キャリアはじわじわと

2006/11/22

今日、学部の授業を聞いている1年生から「私はまだ何をやりたいのかも決まってなくて」と言われてたまげた。むろん「1年で決まってたら大変だよ」と伝えた。自分が何をやりたいかなんて言うのは、48年生きてやっと少しずつ分かってきた、あるいは分かってきたような幻想を持つようになった、くらいの話である。

こういうのを聞くと、今の学生はかわいそうだなぁとつくづく思う。キャリアディベロップメントとか、自分探しとか、そういう変な言葉が若年層に広がり、あわてているんだろうなぁ。学生の就活なんかもそうだ。きちんとやりたいことを決めないと先に進めないというような圧迫を社会が加えるもんだから、早合点したり、浮かれたり、落ち込んだり、やらなくてもいいことに振り回されている気がしてならない。

Read the rest of this entry »


戯れ言 ]

教師教育っていうのは

2006/11/22

閉じたブログの中で卒業生が教師教育について批判的な記事を書いていた。それで触発されたのだけれど、教師教育というのは学び手の学びを知ること、につきるのではないだろうかと思った次第。

Read the rest of this entry »


教育 ]

タウンミーティングという猿芝居

2006/11/16

タウンミーティングと称するもので、国民の意見をじかに聞こうとする、これは大事な試みだ。しかし、政府案に従うような質問を事前に作り、これを命令しやすい人間に渡して質問させ、挙句の果てに金まで払うというのは、何のことでしょうかね。

さらに「なんらおかしなことではない」と強弁する官房長官、こういう人間はどういう精神構造をしているのだろうかね。こういうのをやっちゃいけないのは、反対のことを対立政党が行ったときのことを考えればすぐにわかると思うのだけど。愚か過ぎる。


その他 ]

なぜ儲かるか、どうやってその後を生きるのか

2006/11/16

大学近辺でしか仕事をしたことがないので、世の中のほかの仕事のことはさっぱりわからない。今までなぞだと思ってきたことを2つ書く。

1つは節税対策用のマンションの話だ。最近はあまりないのだが、時々集中的に節税対策にマンションをという電話をもらう。貸しているだけでどんどん儲かるというような話をどこの業者もする。さて疑問なのは、そんなに儲かるのならばどうして自分がしないのかということだ。そんなおいしい話を人に紹介してどうするんだ、というのが疑問その1.まあ節税程度の話に過ぎなくて、自分のところの会社は目いっぱい負債(?)抱えているので、これ以上節税できないからということなのだろうか。それにしてもどうして見ず知らずの人にそんな話を持ってくるのだろうか?

Read the rest of this entry »


戯れ言 ]

メディアリテラシーと認知科学

2006/11/8

情報センターの年報に書いた原稿だけど,とりあえず載せておきます.この話は認知科学かいで話したようなことなんだけど,ここのBlogでいろいろと書いてきたことをうまく(?)組み合わせて,仕上げたものです.本当にこういう原稿のときにはBlogが役立つなぁ.

Read the rest of this entry »


心理学会06参加

2006/11/7

日本心理学会に参加してきた。朝晩とかなり動き回っていたので、とても記事を書く気力が湧かなかった。昨年と比べて自分の関心が広がったせいなのか、たまたまなのか、分からないが、いろいろと勉強になった。いちおう、日記風にまとめる。

Read the rest of this entry »