オレにはBillyがついている:その5(番外)

2007/2/26

ほかに書きかけのものもあるのだが、好評のBillyシリーズについての追加情報です。hatenaで調べたところ、

アメリカ陸軍・エリート養成プログラムの専属トレーナを努めていたビリー・ブランクスが、軍隊式トレーニングを基に、女性でも気軽にできるように独自に開発したエクササイズ。との宣伝文句。

とありますが、「女性でも」はともかく、「気軽に」は絶対にありません。「との宣伝文句」というのがいいですね。あとここを開くと楽天の「ビリーバンド特集」というのがあるけど、それはあまりにひどいネーミングですね。無論ビリーバンドだけ売っているわけではないのですよ。

ちなみに本家ではbilly bandだけでも売っているようです。またそれとともにプログラムは進化していて、Billy’s Bootcamp Eliteというものが発売されているらしい。

Read the rest of this entry »


戯れ言 ]

オレにはBillyがついている:その4(番外)

2007/2/25

先週、夜中にうちに遊びに来たOさんに(罰として?)Billyをやらせた。楽な腹筋プログラムではなく、ハードな応用プログラムをBilly Bandつきでやってもらった。私よりだいぶ若い人で、20年位前はとにかく馬力で売っていた男だ。で、どうだったか。

Read the rest of this entry »


戯れ言 ]

悪口サイト

2007/2/25

中学や高校でクラスメートの品評会とか、格付けとか、そういうことをやる私的サイトが増えているらしい。ネットの利用はむろん自由なのだが、これはこたえるだろうなぁ。確か、小学6年の女児がクラスメートを学校で殺害したのも、この種のサイトでのいざこざがきっかけだったことを思い出した。

以前、外部に公開していないBlogから外の記事にTBをしたことがある。先方の方が出版された本をゼミの閉じたBlogで紹介したときにうっかりTBしてしまったんですね。で、先方としてはTB元を見てみようと思うとパスワードを要求されて見られない。それで先方が「とてもいやな気がする」というコメントをその記事に載せていて、だいぶ後になってそれを発見し、謝罪した次第です。確かに自分が逆の立場だったらやはり同じ思いを抱くだろう。

自分に対して何か(よからぬことも含む)が言われている。しかし自分はその中身を知ることはできない。ただしそれは半公開状態になっており、さまざまな人がそれを読む可能性がある。これはネット以外のところで陰口を言われていたというのよりも格段にいやな感じがする。こういう不安、不快に耐えるのはちょっときつすぎるね。


Blog ]

座布団一枚

2007/2/7

学期末試験の採点に追われている。今年はある工夫をしたのでかなり楽だし、かつ学生のためにもなっているように思う。しかし枚数が枚数なので正直くたびれる。こういう中ですばらしい答案に出会うと活力が湧くという経験は誰でもあると思う。活力は湧かないが笑える答案もある。

今回の最優秀賞は、メンタルモデルをメンタムモデルと数回にわたって書いた人に授けます。これを家で話したら、娘が「捨て身の受け狙い」と断じていたが・・・

Read the rest of this entry »


戯れ言 ]

フーコーの言葉

2007/2/7

ネットをいろいろ見ていたら、とんでもなくいい言葉を見つけた。これは放送大学千葉学習センター所長の藤原康晴先生が新入生への言葉として、同じ状況の時にフーコーが語ったことを引用したものだ。URLだけでもいいのだが、万が一このページがなくなるとまずいので、フーコーの部分だけ以下にコピーしておく。

Read the rest of this entry »


その他 ]

全国大学IT活用教育方法研究発表会

2007/2/7

ここにも何回か書いたが、2002年度から明治学院大学法務研究科の吉野先生を中心とした科研費(特別推進)のメンバーに加わって研究をしてきた。ここでの成果をタイトルにあるような学会で共同発表(むろん吉野先生が中心だが)したところ、昨年暮れに最優秀賞を頂いた。これについて短い文章を書いたので思い出とメモかたがた載せておく。

Read the rest of this entry »


法創造 ]

オレにはBillyがついている:その3

2007/2/6

Billy’s Bootcampも第3段階に入っている。3枚目は腹筋プログラムだ。1,2枚目の腹筋がひどくつらいので、3に行くのはためらっていたのだが、1週間前くらいから3に入っている。正直、意外に楽です。時間も30分チョイくらいしかないし(以前の2枚は50数分ある)、休める運動が結構あるので、最後まで一挙に出来る。いや、オレがだんだん鍛えられてきたからかも知れない。実際のところ、体はだんだんすごいことになってきている、ふふふふふっっ。そろそろ最終プログラムに移ろうかな。


戯れ言 ]

マイクロソフトカップ

2007/2/6

11日秩父宮で行われたラグビーマイクロソフトカップ決勝を見に行った。3連覇を狙う東芝と、復帰した清宮監督の率いるサントリーという大変に魅力的な組み合わせだ。ご存じのように東芝がロスタイムでのモールから、バツベイの逆転トライで14-13で勝利した。かなり劇的だ。

確かに点差は1点だが、試合はやはり東芝だったように思う。東芝は2トライを挙げたが、1つは相手バックスディフェンスを連続攻撃で崩し、最後は個人技によるきれいなトライ、もう1つはモールからのフォワードの技術と力のトライ。組織力と個人技のみごとな統合(?)。一方サントリーはパスインターセプトと、PKの13点。総合力ではやはり東芝だったように思う。

しかしサントリーも昨年から見れば恐ろしいほど強くなっており、全日本が楽しみだ。やはり来週、再来週と秩父宮に行くしかないな。ところで秩父宮は楽しい。国立よりもずっと選手を身近に感じることが出来る。今回は特に前から4列目で見たので、選手たちのすごさを実感できた、とにかくでかい、ごっつい、速い。国立はやはり遠すぎて、こういう感覚を持てない。

そうそうあと秩父宮はその日2万3千人の入りで、完璧満員の状態だった。大学ラグビーが込むのは承知なのだが、社会人がこんなに込むとは思っていなかった。東芝の富岡キャプテンも「こんなに多くのお客さんの中でやったのははじめてです」と言っていた。


その他 ]