Billyにやられた・・・

2007/3/31

忙しくて1週間ほどBillyをやっていなかった。きちんとやらないとと思って帰京したら、妻から娘の同級生の男女が自分もBillyをやりたいとの希望を持っているとの連絡を受けた。ということでそのうちの一人を呼んで応用プログラムをはじめた。すると10数分目にある特になんでもない運動の時に、突然腰がぐぐぐぐぐーーーーみたいな感じになり、その後の続行が不可能になった。それから2日経つがまだ完全には直りきっていない。よってBillyも出来ない。悲しい。

Read the rest of this entry »


戯れ言 ]

心脳コントロール社会

2007/3/31

小森陽一さんの「心脳コントロール社会」という本を読んだ(だいぶ前に金井君(法政)に勧められて忘れていた)。

認知科学や神経科学の知見が、消費者、有権者をコントロールするために用いられているというのがその骨子だ。物事を強引に二者択一形式にする。そしてその打ちの一方に感情的な判断、直感的な好悪判断上都合のよい(あるいは悪い)イメージを貼り付ける。こうした方法は辺縁系に由来する処理に基づくのだそうで、理性的な検討を超えた強さを持ってしまうと言う。これをCM、マーケッテイング理論、小泉前首相の行った衆院選(改革を止めるなといってやったやつ)などの具体的事例を通して明らかにしていくというものだ。

Read the rest of this entry »


吉野やでフカヒレスープ

2007/3/30

あなたが吉野やに行ったとする。食事を済ませ勘定書を見たらべらぼうに高い。内訳を聞くと、フカヒレスープを食べたと書かれている。そんなものは食べてないし、そもそも店に置いていないのは明らかだ。そこでじゃあフカヒレスープなんて置いているかどうか見せてみろと店に要求すると、それを見せる必要もないし、ルールに従って請求しているだけだという。

このロジック(?)で自らの権力を守ろうとするのが松岡という大臣だ。水道代、電気代がかからないところでも、水道代と電気代を請求した。それも5年間で数千万円という信じがたい額だ。しかしこの大臣が言うには、法律上求められた処理、届け出をしている。よって問題ないという。

これはあくどい論理のすり替えだろう。法律に従って経費を請求し、公開した。適切なのは届け出をしたという部分だけで、これだけのことなんだよね。で、その経費がでたらめであれば当然問題とされる。基本的にカラ出張とか、そういうのと同じ話だと思うのだが、この人が訴追されないのはなぜなのだろうか。

美しい国を作るために、国民に妙な道徳を押しつけようとしている総理大臣もこの大臣をかばう。


その他 ]

田園都市線という・・・

2007/3/22

アエラに田園都市線の混雑状況が載っていた。首都圏の混雑度はたいがいは150%以内で、多いところでも(小田急とか)170%くらいなのに、田園都市線はもうちょいで200%というレベルになっている。

Read the rest of this entry »


戯れ言 ]

新ネットワーク思考

2007/3/22

いまバラバシの「


ベーコン数

2007/3/22

前の記事と同じところ、つまり「ネットワーク思考」からの話なのだが、「ベーコン数」というものがある。Kevin Baconという売れっ子というのか、よく映画に出ている俳優がいる。この人との類縁度を示すのが「ベーコン数」というと、この本に書いてあった。類縁度とは何によって規定するかというと、映画での共演に基づく。たとえば彼と共演したことのある人(ティム・ロビンスとか、メリル・ストリープとか)そういう人は類縁度というか、ベーコン数が1となる。彼とは共演していないが、ティム・ロビンスとかメリル・ストリープと共演したことがある人(モーガン・フリーマンとかカレル・ライスとか)はベーコン数が2となる。そういう具合にベーコン数を計算する。こういうことができるのはIMDB(Internet Movie Database)という、恐ろしいくらいの映画データベース(利用は無料)があるからなのだ。ちなみに現在はベーコン数だけではなく、任意の人の任意の人に対するベーコン(?)数を計算できるようになっている。

Read the rest of this entry »


戯れ言 ]

古地図

2007/3/22

Web上をいろいろとさまよっていたら古地図サイトというのを見つけた。こいつはめちゃめちゃに楽しい。自分が住んでいるところ、お気に入りのところが江戸時代、明治時代にはどうなっていたかがバッチリ分かる(ただ東京の区内に限られると思うけど)。

たとえば青学は今の敷地そのものが伊予西条藩(三万石)松平左京大夫頼学という方の土地だったことが分かる。また自分の家の前のおかしな感じで曲がっている道は実は江戸時代のとある殿様の住んでいたところの外れにある馬小屋(?)のようなものを避ける形で作られたということが分かった。非常に狭い道なのだが、明治時代にはもうちゃんと存在していた。驚き。またオレがよく飲みに行く某所は「御先手同心」という火付け盗賊改、なんというか特別警察のような人たちの共同住宅があった地域のようだ。

なんでこんな詳しいことまで分かるかというと、現代の地図で自分の探したいところをポイントして、そこから「江戸」、「明治」とあるタブをクリックすると、そのポイントにおける各時代の地図が出てくるからなんですねぇ。はまります。意味が分からない言葉が多いのでGoogleで検索します、勉強になります。とてもよろしい。


その他 ]

一妻多夫制

2007/3/17

新聞で一妻多夫制の地域が中国にあるという記事を読んだ。これはなかなかすごい話だった。なんでも若い頃に複数人で一人の女性の家に夜這いに行き、そのままなんというのか子どもが出来て結婚するみたいな話だった。夜這いはこうやるみたいな写真まで載っていた。インタビューに答えている人は、兄弟で一人の女性と家族を形成しているとか。で、誰の子かは分からないが、家の子ということでなんの問題もないとおっしゃっていた。

ちょっと信じがたい光景だ。女は嫉妬深いと言うが、男の嫉妬はそれ以上のような気がする。こういうのはかなり根源的というか、生物学的な何かに裏打ちされた感情だと思ってた。動物でもハーレムを作るような連中は、自分のメスを奪おうとするものに対して猛烈に戦うよね。文化、文明の力はこういうのにも打ち克つと言うことなんだろうか。


戯れ言 ]

社長の給料

2007/3/13

アメリカの一流の会社社長の給料は一般社員の370倍だそうだ。一流会社だから社員だって平均で10万ドルくらいはもらっているだろう。ということは、約45億円・・・・、これ年収です。才能のある人、努力を重ねて成功した人が高い収入を得ることは当然だけど、これはいくら何でもひどすぎるんじゃないのかな。

ちなみに日本はここのエントリーを見ると、3400万円だそうです。一般社員の5倍くらいでしょうか。小泉首相は4000万円だったそうです(給与だけ)。こんなもんじゃないのかなぁ。


戯れ言 ]

オレの本は稀覯本か

2007/3/12

今日、amazonで訳あって自分の本を検索したら、驚くべき発見をした。4年前に稲垣先生(千葉大)、亀田さん(北大)と共著で出した放送大学の教科書がused価格でなんと9000円となっていた。元々は2200円なんですけど。さらに驚くべきは、だいぶ前に妻と外山さんと一緒に訳したMike Siegalの「子どもは誤解されている」(新曜社)は、2件の古本が出ていて、片方は15000円、もう片方はなんと36040円だった(この40円て端数は何よ)。どういうことなんだろうか。

Read the rest of this entry »


戯れ言 ]

オレにはBillyがついている(6)::最終プログラム

2007/3/8

Billy’s Bootcampもついに最終プログラムに突入することになった。どんなにきついものなのかと思っていたが、時間も短い、難しい運動も少ない、正直言ってかなり楽だ。確かに運動はかなり速く、はじめはとまどうのだが、基本→応用→腹筋というプログラムを通して、ベーシックな動きと、筋力を身につけたものにとっては難なく出来る。というようなえらそうなことを言っているが、最終プログラムに2ヶ月もかかってたどり着いているのだから、オレ自身は大したことはない。

Read the rest of this entry »


戯れ言 ]

京都の宿

2007/3/8

月末あたりに京都で大学教育研究フォーラムというのがあって、そこで発表をしてくる。というわけでいつもの宿を予約しようと思ったら満杯。それでネットで探したのだが、これがまたどこもいっぱいだ。希望地域、価格帯のところはほとんどというか、全く見つけられない。yahoo、楽天などどこを探してもない。ということで、旅行代理店を今日ははしごした。やはりここでもほとんどなく、いろいろとやってくれたのだが、結局見つからず、あまり希望しない地域に(にもかかわらずかなりの値段で)泊まることになった。

なんでこんなに込んでいるのかと聞くと、「花見」だという。そうだったんですか、皆さんは京都に花見に行くんですか。人生結構長く生きているけど、これははじめて知った。紅葉というのはよく聞くのだが、桜を見るために京都まで行く人がたくさんいるんだぁ。なにやら本当のシーズン(4月はじめあたり)は京都の宿は取れずに大阪に泊まる人も多いとのこと。はぁああ、絶句。世の中平和だし、豊かだ。


戯れ言 ]