オレにはBillyがついている(6)::最終プログラム

2007/3/8

Billy’s Bootcampもついに最終プログラムに突入することになった。どんなにきついものなのかと思っていたが、時間も短い、難しい運動も少ない、正直言ってかなり楽だ。確かに運動はかなり速く、はじめはとまどうのだが、基本→応用→腹筋というプログラムを通して、ベーシックな動きと、筋力を身につけたものにとっては難なく出来る。というようなえらそうなことを言っているが、最終プログラムに2ヶ月もかかってたどり着いているのだから、オレ自身は大したことはない。


さてこの最終プログラムの撮影が屋外で行われているのだが、録音状況がひどすぎる。初めのうちはものすごい腹筋になっているビリーの娘さんのシェリーの声がでかすぎてビリーの声がうまく聞こえない。また途中からシェリーの声は全く聞こえなくなる。音楽もうっすらとしか聞こえない。ちなみに音楽とかけ声はこのプログラム全体にとってきわめて重要で、これらがなかったらとても出来ないのではないかと感じている。そういうことからしても、この最終プログラムはちょっと商品としてはまずいんじゃないのか。あと、動きが激しく、「畳一畳でできる」というのは全く不可能だ。横に3畳分、盾に2畳分は必要だ。

それから気になるのは最後列、ビリーの右奥にいる、金髪、ポニーテールの小柄な女性の存在だ。ほとんど全くやる気を見せない。表情も、動きも嫌々やっていることが明白なほどだ(ただしみんなから遅れたり、休んだりはしない)。なんでこの人が入っているんだろうか?


戯れ言 ]

Comments are closed.