ブリコラージュ

2008/2/28

少々古いのかもしれないけど、Bricolageというのはなかなかぐっとくる考え方だと思う。あり合わせのもので、それなりに創造的(というか新しい)なものを作り出してしまう、そうしたことを言う。オレが知っているのでいうと、Levi-Straussが野生の思考の中で取り上げたものだ。未開人たちが限られたりソースの中で、問題状況に対して適切なものを作り出してしまうことをいろいろと報告していた。

さて人間の認知というものを考えたときにも、そうしたことがいえる。特に進化との絡み、脳の構造との絡みで知性を考えるときにはBricolageというのは魅力的な考え方だ。進化は先読みしないので「俺らの種族(人間)はそのうち言語を使うようになるだろうから、関連する部位を進化させておこう」などということはできない。言語っぽいものが、あるいは言語の原初形式のようなものが身近でみられたときに、なんとかあり合わせの脳みそで言語らしきものを作り出したというのが実態のはずだ。これはまさにBricolageといえるでしょう。

Bricolageが生み出すもう一つの示唆は、昔のものはなくならないよ、というものだ。進化の中にはむろん退化というものあるわけで、以前使っていたものが必要なくなると、どんどん小さくなり、最後には消えてしまうようなこともある。しかし進化は不要になったものを遺伝子から消し去るわけではないらしい.3月2日の朝日の朝刊に載っていたけど,海に住むほ乳類は後ろ足,あるいはその進化の結果の腹びれが300万年前あたりで退化して全くなくなってしまったらしい.ところが,最近見つかったバンドウイルカにはこの腹びれがあるとか.ということは,遺伝子のレベルでは腹びれが今でも存在していると言うことだ.で,通常の場合はこの遺伝子の発現を抑制する何かが働いている可能性が高いという.なるほどね.

脳においては使えるものはどんどん使うというどん欲な方法でその機能を実現してきたために、同じことを行うのにいくつもの回路が存在する。発達や学習の初期に不器用な方法である課題を達成していたが、その後とてもエレガントな方法で達成できるようになったとする。こうした場合でも、元の不器用な方法は残る。なぜかと言えば、エレガントな方法がいつでも利用できるわけではないからだ。

たとえば足し算。10代くらいから30代くらいまでは2桁の足し算はほとんど即座に答えが出た(公文をやっていたわけではないけど)。しかし40代中盤くらいになるとこれが自信なくなってきた。あまりやらないから、頭の中のテーブルが壊れてきた、薄れてきたのだと思う。このとき、小学生あたりでやっていた筆算のやり方が退化してしまったら大変だ。しかし実際にはそういうことはなく、頭の中で筆算をイメージして桁ごとに足したりするようになった。

こういう冗長な処理システムというのはかっこは悪いけど、やはり頑健なのだ。進化という仕組みはこうしたbricolageを行う冗長性を持つシステムに有利に働いた可能性は高いのではないか。


etc ]

Comments are closed.