自分酒

2009/2/14

東急百貨店東横店(いわゆる渋谷駅)の地下の酒屋は品揃えがよいと思う。俺が好きな系統の日本酒が数多く置いてある。よって近辺を夕方に通るときにはここによって1本買っていくことになっている。前の記事で書いたように、今日はタワーレコードに行ったので、この酒屋に行った。

さて、今日は込みかたが半端ではない。レジのかなり後方に「ここが最後尾」というプラカードを持った人までいる。歳末に来たときはこんな感じだったのだけど、なんで?ということで、店の人間に聞いたところ「バレンタインだから」という。はあ、なるほどチョコじゃなくて、酒をあげるわけね。確かにレジの前に並んでいる10人以上の中で男はオレともう一人しかない。これは確かにふつうの日の酒屋の光景ではない。

お酒をあげるというのは、本当に好きな人になんだろうなと思った。そう思ってみると、なんとなく幸せそうな顔をした女性が多いような気がする。酒は高いから義理というわけにはいかんよね。店もなんとか入とか言う数千円のものを売って、「残り何本」とか言っていた。お幸せに。

こういう状況なので惨めな気持ちがしてきた。しかし女性も自分チョコ(っていうんだっっけ)といって、自分が食べるチョコをバレンタインに買うそうな。ということで、オレも自分酒買いました。ちなみに【開運無濾過純米】、【鶴齢】を買った。これらはほんとうまいよ。


コメントをどうぞ