本を売る時の礼儀

2009/10/7

古本屋で古い本を集めるのが好きな友人がいる.昨日その人がにやにやしながら,一冊の本を私に渡した.よく知っている人の書いた専門性の高い本で、定価は1万円近くするのが5000円で手に入ったとか.しかし問題はそこではなく、その本の最初のページには献本のしおり(「著者謹呈」などと書いてあるやつ)が挟んであったということだ。つまり著者から送られてきた本をそのまま古本屋に売ってしまったわけですね.これはちょっと失礼だよね.少なくとも,献本のしおりは外すべきでしょうねぇ.彼はさらにすごい本も持っていて,それの表紙の裏には「謹呈・・・先生、xxxxより」などというサインの入ったものもあった(このかたの名前も知っている).これはさすがにしゃれにならない.


etc ]

Comments are closed.