わざ言語を読みながら(3)

2012/7/7

さて本日のゼミはなかなか衝撃的だった.

今日はゼミ生の須藤君が、「わざ言語」の本の中での、わざ、技能、技術などの用語が未定義で用いられることに業を煮やし(?)、ライルの原本(邦訳)にあたって検討してきた.ライルはまずintellectとintelligenceの区別を明確にする.そして主知主義者たちは、intellectの探求のみを行ってきたことを徹底的に批判する.こういうとintellectはknowing thatで、intelligenceはknowing howのことだということになる.ここらへんはある意味で常識化していることだと思う.ちなみにintellectは知性、intelligenceは理知と訳されているが、別の語感があるように思うので、ここでは原語をそのまま使うことにする.

驚きはそこでライルが挙げる例である.行為の中で誤りを見つけ、それを修正したり、反復試行の中でそれを改良し、教訓を得ることがintelligenceである、というのもかなり驚きなのだが、自ら真理を見いだす能力を、さらに真理を見いだした後にそれを組織的に利用する能力、という例もある.思慮深さとか、鋭敏さとか、そういういわゆる身体領域とは別の事柄の中にもintelligenceすなわちknowing howが存在するというのである.そしてこうしたknowing howそれ自体には真理かどうかという判定基準は使えないと述べる.

つまりknowing howに確かに身体知は含まれるかもしれないが、身体知や自動化された行為だからといってknowing howというわけではないし、knowing howは身体知や自動化された行為を指しているというわけでもないということだ.またこれは佐伯先生が以前からいっていたことであるが、knowing howと手続き的知識、knowing thatと宣言的知識という対応も全くの的外れということになる.手続き的に書き下した手順のようなものは、無論knowing howではない.

つまり何か生み出されたもの=intellect、生み出す原動力、プロセス=intelligenceということなのだ.

こうしたことから考えると、(これはさらに驚きだったのだが)以前に書いた記事で熟達は状況を感じ取る力とそこから調整する力と書いたが、ライルの定義はまさにそれそのものではないのだろうか.

きちんと読まずに人の言ったことの上に乗って議論することの怖さを強く感じた次第だ.なお以上述べてきたことは,私の憶測をたぶんに含んでおり,Ryleや須藤くんの意見とは異なっているかもしれないことをお断りしておく.


「わざ言語」(生田・北村編)を読みながら(2)

2012/7/4

わざ言語についての第二稿.

言語の利用については,現在のところ自分は次のように考えている.わざの指導における通常の(比喩を含まない)言語表現というのは,特徴記述的にならざるを得ないのではないかと思う.手を強く振るとか,重心を前に移すなど等々.こうした記述は現象全体を特徴に分解して,その特徴次元の値をおおざっぱにでも特定しているという意味で初心者にも伝わりやすい性質を持っている.しかしながら,技の体得というのは身体全体の協調関係を学習するということであり,こうした記述的、分析的言語では語り尽くせない,語り尽くそうと思うと膨大な記述語彙が必要になり,結果として伝わらないという宿命を帯びているのではないだろうか.またこの種の言語利用は一定の域に達した学び手の持つ全体性を崩壊というのは言い過ぎだが,劣化させる危険性も含んでいると思う.

一方,比喩的(figurative)な表現と言うのは,分析的でなく,厳密性に欠けるのだが,総合的、直示的性質を持っていると思う.リンゴを知らない人に、「赤くて,丸くて,甘くて,・・・・」という代わりに,リンゴそのものを持ってきて「これ」というのが直示的な指示の仕方だ.直示的な指示においては,言語化の難しい,各特徴次元の関連性や曖昧性を一発で伝えることができる.わざ言語は比喩的であるので,直示とは異なるのだが,簡単な言語化を阻む,熟達者の動作の全体性,統一性を一発で伝えると言う意味においては同じような働きを持つのではないだろうか.

こうした観点から興味深いのは,スケートのコーチをしている結城さんのインタビューだ.いろいろなことを言っているのだが,彼が大事にするのは体験の豊富さと、それを感じる感性だ.なぜそれが大事かは上のことを考えるとよくわかるような気がする.わざ言語は直示なのだから、それの指示する対象、動作を知らなければ何の効果も持たない.その対象、動作を体験しておくこと,これがまずわざ言語が有効に働くための第一条件となる.もう一つの条件は,その体験をした時の自らの体の感覚に鋭敏になるということ、つまり感性を磨くということだ.自らの体の状態がわざ言語で指示された動作と一致するのか否かを判断する感性が必要になる.


etc ]