リアルと現実

2013/12/17

タイトルにあるような難しい問題を言うのではないのだが、今日講義を行って、「『リアル』への接近が必ずしもリアルを保証するわけではない」というようなことを述べた.授業終了後、アメリカからの留学生から「なぜリアルという言葉を用いて、現実という言葉を用いないのか」と言われた.

あまり考えたこともなかったけど、ただリアルという言葉を用いたわけではないことに気づいた.「『現実』への接近が必ずしも現実を保証するわけではない」というのとは意味が違うわけだ.つまり日本語の語用から考えて、リアル=現実というわけではない.

現実的というのはどういうときに使うのか.

計画
 △リアルな計画
 ○現実的な計画
描写
 ○リアルな描写
 △現実的な描写
人間
 ○現実的な人間
 △リアルな人間
危険
 △リアルな危険
 ○現実的な危険

などいろいろ場合がある(こういうときはどんなサンプルをとるのだろうか).ちなみにrealisticとrealというのはともに形容詞だけど、どんな違いがあるんだろうか.


その他 ]

Comments are closed.