「教養としての認知科学」の刊行とその後

2017/3/31

このblogはほとんど休眠状態になっているので,これは自分の備忘録という色彩が強いけど,色々とあった2016年度もそろそろ終わりということで,いろいろと書きます.

2016年度の自分の研究にとっての最も大事なイベントは教養としての認知科学という本を東大出版会から出したことです(年度で言えば2015年度ですが).これは青山,駒場,ほかいろいろな場所の非常勤講師で語ったことをまとめたものです.そういう意味で教科書なのですが,いわゆる教科書ではありません.人の認知が,生成的であり,冗長であり,ゆえに揺らぎ,だから発達,熟達,学習が起きるのだということをまとめました.これはほぼ「事実」です.

ただこれだけを語ることはできないので,それの基本となる実験や理論などを各章に配置しました.そういう意味で,教科書的な部分,思想に関わる部分の2つの側面を持った本という,素敵な感じがする一方,どっちつかずみたいな感じもある本になったと思います.

ただ当初思っていた以上に好評で,幾つかの取材や,その後の出版のオファーがありました.さらに自分で驚いているのですが,1年程度で5刷まで行くような気配です(2017年3月で6刷り目).安くもないのに,この本を買ってくださった方には心より御礼を申し上げます.

この本の基本的なアイディアは,ダイナミカル宣言を行ってから2003年くらいに輪郭が出来上がり,その後のいろいろな知見で増強してできたものです.そういう意味で「ダイナミカル宣言」はこれで打ち止めにします.

さて増強は随分とできたのですが,その一方でこの本では全くカバーできなかった新しい潮流(プロセスとしての概念,プロジェクション,拡張した身体)も生まれています.これは7章に少しずつ書いていますが,むろん十分ではありません.今後は,これらの問題を自分の研究テーマにしたいと考えています.


Comments are closed.