意識はない,という考え方

2019/9/22

前野は受動脳仮説というとても挑戦的な仮説を提案している(おそらく彼自身は仮説とは考えていないが).意識というものは我々の日常的な活動に全く関与しない.環境からの多種多様な情報を処理するのに長けた、多くの小人たちが脳の中に存在し、それらがそれぞれの思いの下で勝手に行動する.日常生活はそれで終わりである.しかし何らかの理由で進化した意識システムがこの小人たちの活動の結果を知るところとなる.そこで意識システムは小人たちにご苦労さんというかというとそうではなく、なんと恩知らずなことに自分が小人たちを動かしてやったという作話を行う.だいたいこれが前野の語る受動脳仮説というものだ.

どうしてこんな作話が可能になるのだろうか.これを考えるときに参考になるのはダニエル・ウェグナーの『見かけの因果』という大変に魅力的なアイディアである.我々人間は様々な出来事の間に原因と結果という役割を与えてながら世界を理解している.急に部屋が明るくなったとしたら(結果)、誰かが電気をつけた(原因)のだろうと思う.さんまが焼けるにおいがした(結果)ならば,誰かが近くでサンマを焼いている(原因)のだろうと思う.

原因となる事象と結果となる事象の間には特定の関係が必要になると考えられている.まず原因は結果よりも先に起こっていなければならないというものである.さんまのにおいがしたことが原因で誰かがサンマを焼くなどということはない.後に起こったことが先に起こったことを引き起こすということは論理的に有り得ない.もう一つは意味的関連性である.結果となる事象の前にはさまざまな事象が起きている.しかしそれらの大半は原因とはなり得ない.部屋が明るくなる前には、自分は食事をしたかもしれないし、外で犬が鳴いたかもしれないし、昨晩は妻の誕生日だったかもしれない.しかしこれらはいずれも原因とはなり得ない.食事や犬の鳴き声や妻の誕生日は部屋が明るくなることとは意味的に無関係だからである.

この意味的関連性については,ガルシアとケリングの行ったとてもおもしろい実験がある.この実験ではネズミにちょっとかわいそうなことを行う.檻に閉じ込められたネズミがそこに置いてある水を飲むと,そのネズミに大量の放射線を照射する.これをされると人間同様ネズミは吐き気を覚えることになる.吐き気はもちろん嫌なことなので、ネズミは水を飲まないようになる.これは当然のことである.さてこの実験で水を飲んだ罰として与えられた放射線を電気ショックに変えたらどうなるだろうか.むろん電気ショックも楽しいはずはないので、水を飲まなくなるように思える.しかしこうした条件ではネズミはいつまでも水を飲み続けるという(そして電気ショックを与えられ続ける).

さてネズミはなぜ電気ショックのときには水を飲むことをやめないのだろうか.ネズミの気持ちを代弁すれば、『そんなこと有り得ない』からである.水を飲んで電気的なショックを感じるなんて有り得ない、つまりこの2つの出来事の間に意味的な関連性が見つけられないのである.人間だってそうだろう.何かを口にして気持ちが悪くなれば食べたものが原因だとわかる.しかし電気的な痺れを感じたら,その原因が水にあるとは思えないだろう.

少し寄り道が長くなったが、因果関係には原因の時間的な先行性と原因と結果の間の意味的関連性が必要ということが理解できるだろう.ということで意識の作話に戻ろう.ウェグナーによれば,すべての人間の行為は無意識的なプロセスの産物である.ところが人間はこの無意識的プロセスが進行している中でなぜか『意図』というものを発生させてしまう.そして面白いことにその意図は実際に行為が開始される前に発生するようである(リベットの実験を思い出してほしい).さてそうすると、行為という結果を観察すると、その直前に意図が発生していることに気づくことになる.この意図は行為の直前に生じており、かつ行為そのものと意味的に関連しているので(だって,その行為をやろうという内容を含んでいるのだから)、人間の因果原則に照らして原因となる資格を有していることになる.そうしたことで意図が行為の原因だという錯覚が生まれるのである.

コーヒーカップに手を伸ばすという行為を取り上げて具体的に考えてみる.ふつうは自分が手を伸ばそうと思った,つまり手を伸ばそうと意図したので手が伸びたと考えるはずである.しかしウェグナーによれば,そうではないことになる.コーヒーカップに手を伸ばすことは意図とは無関係に完全に無意識的に実行される.しかし手を伸ばす直前に,おそらく0.2秒前に,この無意識的プロセスは『手を伸ばそう』という意図を発生させる.なぜ手を伸ばしたか、その原因を考える際に,本当の原因である無意識的プロセスは無意識的であるが故に原因の候補とはなり得ない.その結果、原因の候補として唯一残るのは,『手を伸ばそう』という意図だけになる.よって『手を伸ばそうと思ったので手を伸ばした』という見かけの因果関係,つまり作話が成立することになる.

興味深い例から,同様のことを主張しているのがスーザン・ブラックモアである.この例とは次のようなものだ.冷蔵庫を知らない人がいたとしよう.この人は冷蔵庫のドアを開けて中にいろいろなものが入っていることを知ると同時に、冷蔵庫中にはライトがありそれが中を照らしていることも知る.何度開けてみても、ライトはついている.こうしたことから冷蔵庫のライトがいつでもオンになっているという結論を出せるだろうか.

意識状態にあるだろうかと自分に問いかける.するともちろんそうしたことを意識できるので『私は意識状態にある』と答える.何度繰り返してもそうである.こうしたことから、私たちは自分にいつでも意識があると考えてしまう.しかしそうした問いかけを行わないときにはどうなのだろうか.意識はあるのだろうか.冷蔵庫のドアが閉まっているときにはライトがオフになっているように、私たちが意識的な問いかけを発しないときには意識はオフになっているのかもしれない.

コーヒーカップをつかむ話も微視的に考えれば,意識や意図なんか全然関係していない部分がたくさんある.腕を伸ばそう,適当な位置で止めよう,手を開こう・閉じよう,指に力を入れようなど,たくさんの微視的な行為がここには含まれているが,そういうことを意識することはほとんどない.だから身体は意識とは無関係に勝手に動いているのだ.

彼女はこうしたアナロジーから,私たちの通常の活動の中には意識もクオリアも主観的経験も存在しておらず、我々の生活する環境に高度に適応した脳が意識の働きの助けを借りずに,つまり自律的に反応し、体が動いているだけなのだという.そして意識は錯覚に過ぎないと主張する.どんな錯覚かと言えば、我々は経験を意識化し、意思の力によって行為を行うという錯覚である.


プロジェクションを考えるといいことは何か?

2019/9/21

すごく久しぶりなのだが,プロジェクション科学の広がり,可能性について書いてみる.はじめの方はプロジェクションの説明,最後の3段落くらいが広がり,応用についてです.

—-
人は何かを感じたり,考えたりすると,それを外の世界に投射(=プロジェクション)する.

マイケル・ポランニーという異才がいた.彼はもともとはノーベル賞クラスの研究をいくつも行った化学者であるが,1950年台後半から哲学者として活躍することになった.幾つもの論文,著書を著しているが,1967年に出した「暗黙知の次元」という本が最も有名だと思う.この本は「語れない知識がある」ということで有名になってしまったが(それが悪いことではないのだが),実は,投射という考え方の重要性を示してもいる.

彼は近位項と遠位項という2つの用語を用いて投射を検討している.近位項というのは私たちの中に生じる感覚である.遠位項というのはその感覚をもたらす,世界の中の対象である.そして認識は近位項から遠位項への投射を含んでいる,というのが彼の考え方なのだ.ちなみに彼が本当に言いたい「暗黙」は,この二つの項を結びつける投射を含めたプロセスのことである.

もしかするとあまりに当たり前で退屈かもしれないが,最も簡単な例から始めよう.氷に触ると冷たいと感じる.この感じは私たちの中に生じる近位項である.しかし私たちの認識のプロセスはそれで終わるわけではない.そこから先が大事なのだ.その後に,「冷たい」という感覚をもたらしたモノ,つまり氷が冷たいものであるという認識が生じる.この氷が遠位項である.ここでは自分の感覚である近位項が,外の世界にある遠位項に投射されているのである.自分はそんな投射なんて考えてもいないし,やっている意識もないと多くの人が思うだろう.そう,だから「暗黙知の次元」なのだ.

しかしもう一つ,盲人の杖という例を出すことにしよう.目の不自由な人たちは白い杖で地面などをタッチしながら歩行する.何かの障害物に杖が当たる.この時の近位項は杖を持っている手のひらの感覚である.「手のひらに何か感じたな」という感覚で認識が終わらないことが大事なことだ.杖の使い手は,自分の先に何かがあると知覚する.ここでは,手のひらの感覚はそれをもたらした遠位項であるところの障害物に投射されているのだ.

ここらへんから,なんのことだとページを閉じたくなるかもしれない.実際いろいろなところで話すと,「だから何」,「何言いたいんだ」という反応もある.しかし,実は投射という考え方を用いることで,錯覚,幻覚,愛着,フェチ,ブランド,幽霊,神様,バーチャル・リアリティまで説明できるとしたらどうだろうか.

こうしたとても多様な現象が一つの概念の異なる現れと考えられると,とてもいいことがいろいろとある.錯覚でわかっていることをブランド・マネージメントに活かせないだろうかとか,神に対する愛のようにある製品に愛を感じさせられないだろうかとか,幽霊を怖がる子供に錯覚の例を通して安心させるとか,バーチャル・リアリティを用いたソフトを幻覚の研究から作れないだろうかとか,いろいろな現実的な展開が考えられる.

もう一ついい事は,各々の分野の研究が進展する可能性が出てくることだ.上に挙げた様々な現象にはその専門家たちがいる.錯覚,幻覚,愛着については心理学者,フェチについては社会学者や人類学者,ブランドについては経営学者,幽霊や神様については宗教学者,バーチャル・リアリティーについては情報科学者などが専門的に研究している.各々の研究の進展の度合いには凸凹があるし,使う方法もいろいろだ.こうした多様な人たちがあるテーマをめぐって集まることにより,その分野の研究が進展したり,もう終わったと思われているような研究対象が実は大事な意味を持つのだと再認識されたりすることもあるだろう.こうやって研究が進むと最初に挙げた現実的な展開も加速するかもしれない.