ニューオリンズ・トライアルを見て裁判員制度を考える

2009/2/10

日本でも裁判員制度がいよいよ始まる.詳しいことはよく知らないが,全体としてみれば裁判官が一人で決定を下すよりもよい決定が出来ると思う.日本の刑事裁判では一度起訴されたら無罪になる確率は1%以下である.これはむろん警察や検察がしっかりとした証拠を集めて起訴していることを示すのだろうが,検察、警察,裁判所が一体化している危険性をも示唆する.一般の人が裁判に加わることにより,こうした危険性を減ずる可能性が拡大すると思う.

と考えてきたのだが,昨日「ニューオーリンズ・トライアル」という映画を見て,恐ろしい可能性に気づかされた.この映画は危険性が極めて高い銃により殺害された人の家族が、その銃の製造メーカを訴えることから始まる.銃メーカーはこれが有罪とされてはたまらない.そこで特別な会社と契約し,自分たちに有利な判断をしてくれる陪審員を集めるとともに、不利な判断をしそうな陪審員を排除,あるいは恫喝させる.こういう恐ろしい話だ.映画自体はハッピーエンドなんだけどね.

アメリカに本当にこういう陪審員ビジネスがあるのかどうかは知らない.所詮映画ということになるのかもしれない.ただ、O. J. シンプソンの事件などでも知られているように,誰を陪審員にするかで壮絶な戦いが、検察と弁護側で行われているのは事実だ.

日本の司法制度はよく知らないが,こうしたことが起こる危険性はどれほど考慮に入れられているのだろうか.おかしな陪審員ビジネスがはびこる可能性はないのだろうか.

こうやって考えると他にもいろいろと気になることがある.たとえば、裁判員として参加した人が有罪とされた人に逆恨みされ、危害を加えられるなどという可能性はないのだろうか.特に、暴力団など組織的な犯罪を行う集団の裁判ではかなり危ないことが生じるかもしれない.


全国大学IT活用教育方法研究発表会

2007/2/7

ここにも何回か書いたが、2002年度から明治学院大学法務研究科の吉野先生を中心とした科研費(特別推進)のメンバーに加わって研究をしてきた。ここでの成果をタイトルにあるような学会で共同発表(むろん吉野先生が中心だが)したところ、昨年暮れに最優秀賞を頂いた。これについて短い文章を書いたので思い出とメモかたがた載せておく。

Read the rest of this entry »


法創造 ]

協調学習環境としての国際模擬法廷

2006/7/8

7月8日は明治学院大学の吉野先生の研究会に参加・発表してきた.この研究会は法創造という,一般の人はあまり想像のつかない(あるいは誤解しそうな)テーマを扱っている.よく外国からお客さんが来るのだが,今日はエリック・バーグステンという方が来た.このかたは,国連国際商取引法委員会(UNCITRAL)の委員長というか,事務局長を長くつとめられた方で,現在は学生のための国際的な仲裁模擬法廷Vis mootを開催する組織の委員長をしている方だ(ここに参加した学生の感想が載っている).

Read the rest of this entry »


法創造 ]

法創造と類推

2006/3/28

吉野先生が主催する法創造についての科研費の報告会があった。法律と創造という2つの言葉は、多くの人にとって反対語のようなイメージがある。しかし、立法はもちろんだが、現実のケースを法的に処理する際にはさまざまな創造のプロセスがあり、これからの法曹にはこうした創造のスキル、能力を身につけさせる必要がある、というのが、この科研費の趣旨だ。

私はメンバーなので当然出席だけでなく、発表もした。発表した内容は、以前にここにも載せた心理学会のワークショップで行った生成的アナロジーの話と、イラク邦人拉致事件の話、それとスクールカウンセラーを巡るアナロジーを組み合わせたものだった。

Read the rest of this entry »


ディスカッションメソッド

2004/12/10

やはり同じ法創造研究会での話し。吉野先生のプロジェクトは
・ソクラティックメソッド
・プロブレムメソッド
・ディスカッションメソッド
などを組み合わせて、ロースクールの学生を教育することを目指している。

この中のディスカッションメソッドはおもしろく、学生同士が立場を違えて法的な論争を行うというものである。これは協調学習とどんな関係にあるのだろうか。今後の検討課題だな。


法創造 ]

契約書作成

2004/12/10

明治学院大学の吉野先生が代表になっている「法創造」についての大きな科研費の集会があった。最初のスピーカーは河村先生で、「自動生成による契約書作成」という題だった。

Read the rest of this entry »


法創造 ]