悪口サイト

2007/2/25

中学や高校でクラスメートの品評会とか、格付けとか、そういうことをやる私的サイトが増えているらしい。ネットの利用はむろん自由なのだが、これはこたえるだろうなぁ。確か、小学6年の女児がクラスメートを学校で殺害したのも、この種のサイトでのいざこざがきっかけだったことを思い出した。

以前、外部に公開していないBlogから外の記事にTBをしたことがある。先方の方が出版された本をゼミの閉じたBlogで紹介したときにうっかりTBしてしまったんですね。で、先方としてはTB元を見てみようと思うとパスワードを要求されて見られない。それで先方が「とてもいやな気がする」というコメントをその記事に載せていて、だいぶ後になってそれを発見し、謝罪した次第です。確かに自分が逆の立場だったらやはり同じ思いを抱くだろう。

自分に対して何か(よからぬことも含む)が言われている。しかし自分はその中身を知ることはできない。ただしそれは半公開状態になっており、さまざまな人がそれを読む可能性がある。これはネット以外のところで陰口を言われていたというのよりも格段にいやな感じがする。こういう不安、不快に耐えるのはちょっときつすぎるね。


Blog ]

SPAM TBの効用

2006/12/19

一日に50件くらいずつのSPAM TBが来てます.せっせと消しています.まあ困ったものなのだが,先日私のBlogをよく読んでくださる方から,意外な話を聞いた.TBがあると昔の記事が半ばランダムに『最近のトラックバック』というところに出てくるので、読んでみると懐かしかったり,なるほどと思い直したりして,けっこう役に立つというのですね.災い転じて福となすというわけにはいかないんだけど,まあなるほどと思った次第.

TB禁止リストも1500くらいになりました.そのうち公開しようかな?やっている人はいるようですね.一人1500くらいではどうにもならないんだけど,そういう人が何万人、うーん、何万ではどうしようもないな、何十万くらいになれば、けっこう役に立つかもとも思うけど,そんな長大な禁止リストを各Blogサーバが抱えていたら,たぶんまともに動かなくなるだろうなぁ.あと必ず嘘のリストを作るやつもいるだろうし,やっぱこの方法はだめだね.

ええと、いろいろ書いたけど,とにかくSPAM TBは消しますからね.(といっても通用せんだろうなぁ)。


Blog ]

Blog3年目

2006/9/28

9月28日はこのBlogの誕生日です。今日から3年目を迎えます。この1年で、
エントリー:106件、
コメント:90件(うち1/3くらいは自分)
トラックバック:23件
です。スパム入れればコメントもTBも10倍ではきかないくらいあるけど、この数字は意味あるものだけです。

いろいろな情報を教えてくださったり、さまざまな意見をお寄せ頂いたり、皆様どうもありがとうございます。またいろいろなところで、「Blog読んでますよ」と言われるようになった。こういう人たちにも感謝。

Read the rest of this entry »


Blog ]

ウェブ進化論とBlog

2006/6/14

前のエントリーで梅田さんの本について書いたのだが、いちおうメモのようなものを残しておく方が後々便利なので書いておく。

Read the rest of this entry »


Blog ]

Web2.0の中で生きる連中

2006/6/14

遅ればせながら「ウェブ進化論」を読んだ.これは結構衝撃的でした.インターネットに関しては!でリレーホストを並べてメールを出していた頃からとりあえず使っていた.青山に来てからは,あるサブドメインの管理者などもやっており,比較的インターネットに関しては知っているつもりでいた.しかし,このごろの動きはどうもよくわからない部分が増えてきたなぁと感じていた.

Read the rest of this entry »


Blog ]

なんか不思議な一致だ

2006/3/31

中原さんのblogに東大の総合教育研究センターで「情報テクノロジを活用したアカデミックスキル育成授業」というのを始めるとあった。またここに京大の楠見さんの批判的思考育成実践研究が載っている。実は来年から大学の総合研究所の助成金をもらって、「大学における基本アカデミックスキル育成プログラムの開発」というのを、図書館情報学の専門家の小田さん、高等教育の専門家の杉谷さん、それに私と院生の長田さんで始めることになっている。

Read the rest of this entry »


Blogによる協調学習環境

2005/12/31

以下のような内容の文章を青山の情報センター紀要(だったか年報?)に書いたのですが、学外の人の眼にはたぶん触れないと思うので、貼り付けておきます。今までBlogに書いたこともちょこちょこ入っています。こういう文章を急に書くときに、Blogは本当にありがたいと思う。

学びあう環境をつくる -文科系研究室における実験-
鈴木宏昭

 ゼミでBlogを立ち上げている。Blogは、よく公開日記とか、簡単なホームページなどと紹介されるが、コミュニケーション機能と公開機能を自然な形で組み込んだインターネット上のサービスである。これを導入したのは、私の所属する教育学科の学生たちが語り合いながら学びを深めていける環境を作ることができないかと考えたからである。

Read the rest of this entry »


Blog, 教育 ]

誕生日から10日たって

2005/10/9

昨年このBlogを公開してから1年と10日ほどたちました。
・掲載記事:155件
・コメント:120件(自分のも含むので、実質はその半分くらいかな)
・TB:25件
となっています(ゴミは消してあります)。

なぜか忙しいときの方が投稿が多いような傾向があるようです。

コメント、トラックバックをしてくれた方々、どうもありがとうございます。いろいろ学びましたし、笑えました。どうぞこれからもよろしく。


スパムコメント

2005/4/3

4月に入ったからというので、画面が空になってしまった。ということで、とりあえず書いておく。表題通り、スパムコメントが来た。はじめてだ。10通程度と言うこともあり、別に何とも思わない。単に黙々と消していくだけです。メールだって、全世界のバカどもから毎日20通を超えるスパムをもらっているので特に何とも思いません。

ちなみにスパムというのは、

Read the rest of this entry »


Blog ]

Blogの時間性とその私事性

2005/2/12

Blogについてのゼミ生のレポートを読んでいて気づいたことを単にメモする。

Blogにおける文章生成を考えるとき、その出来事的性格を無視することは出来ないだろう。Blogは、そもそも日記として用いられていることからしてもそうだ。日記は出来事、およびその感想を書くもんだ。

Read the rest of this entry »


Blog ]

スタイルシートの直編集

2005/1/31

長田さんのSE風トラックバックはけっこう笑えました。で、「自分でいろいろいじるのが好きなユーザ」だった(過去形ね)、わたしとしてはむろんSEの言うことは聞かず、さらにやってみました。

Read the rest of this entry »


Blog ]

失敗したスタイルシートの編集

2005/1/30

デフォルト画面でずっとやってきたが、色などがだんだん気に入らなくなってきたので、直そう、直そうと思いつつ、かれこれ数ヶ月もたってしまった。ということで、挑戦しました。

画面を見れば分かると思うけど、何も変わっていません。どうしてか?

Read the rest of this entry »


Blog ]

Blogの普及

2004/10/27

もうだれでもBlog使う時代だから、驚くほどのことではないかもしれないが、おとといだかの朝日新聞の「読者の声」みたいな欄に、69だったか、71だったかの婦人が、日記をやめてBlogにしてとても便利で助かっている、というような投稿があった。時代ですなぁ。


Blog ]

Blogの利点

2004/9/29

これは以前に書いたものなんだが、他からアクセスできないところに書いたので、ここにも載せておきます。

blogって何と、妻に言われて説明していたら、自分なりによくわかってきたので、書いてみます。主に、インターネットのほかのサービスとの比較だから、別に認知でも何でもないし、またほかの多くの人も言ってるはずのことだから、大したことないけどね。

Read the rest of this entry »


Blog, 教育 ]

私大文系(ゼミ)にBlogを、こいつは効きます

2004/9/28

東京のど真ん中で私大で文系というと、学生が集える場所というのはほとんど食堂、キャンパスのベンチくらいしかありません。ちなみにわたしの学科の場合、3,4年生併せて約300名に対して、80平方メートル弱の「合同研究室」という名前の、書庫兼、助手室兼、事務室兼、印刷所みたいな場所があるだけです。またわたしのいる学科では教員養成を行っているので、みんな受講科目が多く、ゼミのメンバーでも全員が集まるような機会はすごく限られています。これでは講義の後、感想を語り合う、お互いの研究を知り合う、新しい情報を共有し合うという可能性は著しく低くなります。こういうコミュニケーションがなくなると、1つの授業が終わると、「はい次の授業」、「バイト」、「サークル」という次第で、何かを深めていくと言うことが難しくなると思いますね、はい。

Read the rest of this entry »


Blog, 教育 ]

blogと教育

2004/9/28

blogは東大の植田研にいた長谷川君に初めてその存在を教えてもらって10ヶ月くらいです。おもしろそうだなと思いながらも、今年の8月くらいまで忙しさにかまけて何もやっていませんでした。

Read the rest of this entry »


Blog, 教育 ]