実践とコミュニケーション研究会のお知らせ

2010/12/23

高木研究室主催のオープン研究会のお知らせです。研究会の内容に関心のある研究者、大学院生ならどなたでも参加できます。参加希望の方は高木(tkg[at]si.aoyama.ac.jp/[at]をアットマークに置きかえてください)までご連絡ください。

日時: 2011年2月5日(土) 13:00~

場所:青山学院大学青山キャンパス 15301教室(ガウチャーメモリアルホール3階)

<文献>

Wacquant, L. (2004). Body and soul: Notebooks of an apprentice boxer.  Oxford, UK:Oxford University Press.

先回の研究会で,「空間」という概念の中で,身体の問題をどう位置付けるかが議論の中心になりました。それに対し,本文献は,鏡による自身の姿や可視化や,音の響きといった空間の中にあるの身体の問題,さらにそこで生じる学習の問題を検討する上で最適であると考えられます。
本文献は,3部構成となっており,今回の研究会で1部を,次回の研究会で2部と3部を読みたいと思います。今回1部の担当者を3名募りたいと思います。担当を希望される方は,希望の箇所をご連絡下さい。

第1部 : The street and the Ring Pp13-150

発表者1:Pp13-57
-An Island of Order and Virtue
-”The Boys Who Beat The Street”

発表者2:Pp58-98
-A Scientifically Savage Practice
-The Social Logic of Sparring

発表者3:Pp99-150
-An Implicit and Collective Pedagogy
-Managing Bodily Capital


未分類 ]

Comments are closed.