ディスコミュニケーションの心理学ーズレを生きる私たち

2011/4/28

早稲田大学の山本登志哉さんとの共編著書です。

私は序論、想起を他者との絶対的なズレを含んだ探索行為として捉え直す「回想とディスコミュニケ—ション」という論文、コミュニケーションがかみ合っていない事態をG. ベイトソンのメタ・ランダム性という概念を使って整理した「ディスコミュニケーション事態の形式論」という論文を書きました。

本の詳しい情報はこちら


未分類 ]

Comments are closed.